Mar 4, 2008

Le temps que le Petit Prince doit quitter le renard-星の王子さま、キツネと別れのとき



Adieu, dit le renard. Voici mon secret. Il est très simple : on ne voit bien qu'avec le cœur,
l'essentiel est invisible pour les yeux.

Les hommes ont oublié cette vérité, dit le renard. Mais tu ne dois pas l'oublier. Tu deviens
responsable pour toujours de ce que tu as apprivoisé. Tu es responsable de ta rose...

Ce qui embellit le désert, dit le Petit Prince, c'est qu'il cache un puits quelque part...

Qu'est-ce-qui signifie ≪ apprivoiser ≫ ?
C'est une chose trop oubliée, dit le renard. Ca signifie ≪ créer des liens ≫.

C'est le temps que tu as perdu pour ta rose qui fait ta rose si importante.


「さよなら」キツネは言う。

「最後に秘密にしてたことを教えてあげる。とっても単純なことだよ。
  ― 心じゃないと、よく見えないんだ。
    一番大切なものは、目に見えないんだ。―

「人間はこの事実を忘れてしまった」キツネは言う。

「でも君は忘れちゃいけないよ。君がいつくしんだものに、ずーっと責任を負わないといけないんだか
らね。君が世話をしているバラの花にね・・・」


「砂漠を美しくするものは」星の王子さまは言う。
「井戸をどこかに隠しているよ」
「”いつくしむ”ってどういう意味なの?」

「忘れられがちな言葉なんだけどね」キツネは言う。
「”絆(きずな)をはぐくむ”ということだよ」

「つまり、君にとってかけがえのないものとなった、バラの花に費やした時間のことさ」

2 comments:

masako said...

 一番大切なことは目に見えないんだ

 つまり、君にとってかけがえのないものとなった、バラの花に費やした時間のことさ

 

 生きてきて、いままでやってきたことはすべて無駄じゃないんだ…ということ…と、思っています。が、時として挫けそうな時、ちょっと救われる気がします。

 バラの花は咲かないかも知れないけれど。

kay said...

masakoさん

凹みそうになると、
以前、友人が言ってくれた
「人生に意味の無いものなんて無い」って言葉を心の中で唱えます。

わたしにとって、勇気が出る呪文の言葉です。

バラの花はアブラムシがつきやすいしね(笑)