Jun 9, 2008

Le français dans la rue-街で見かけたフランス語②


ちょっと見づらいんだけど、「SALUT(サリュ)」って書かれてます。
メニューにカット、パーマとあるように、美容室の名前です。















今まで行ってた美容室が独り暮らし始めてから遠くなっちゃったし、
理毛サロンも兼ねていてちょっと高いので、近所でもちっと気軽に行ける美容室を探していたところ、、、
札幌のフリーマガジン「Vivo(ヴィーボ)」で紹介されていたのが、この「SALUT(サリュ)」でした。

Salut(サリュ)!ってのは、フランスの街を歩いていれば、よく耳にする言葉です。

Bonjour(ボンジュー)よりもくだけた挨拶の言葉で、「こんにちは」とか「じゃあね」って意味。
会ったときだけじゃなく、バイバイのときも使える便利な言葉です。

そんなんで、なんとなく良さげな感じがして予約を入れて行ってきました。
縮毛矯正をかけてもらったのですが、プライスも出来上がりも満足。
オートシャンプーってのを初めて体験しましたが、地肌が刺激されて気持ちよかった♪

スタッフもお店の名前のようにフレンドリーで、また行こうって思える美容室でした。
美容室ジプシーにならなくて良かったな~~。

5 comments:

なっき said...

これ、ワタクシだったら絶対
「サリュート」って読んじゃって

(へ~、ロシアの宇宙ステーションの名前をつけたんだ~)って
思ってしまうと思いますorz

bellevue said...

気に入った美容室が見つかってよかったね。

私の行っているところは、かれこれ10年以上のお付き合いなのよ。
だから、髪を切ってもらいながらいろいろ話をしてる。
女性としてすごく素敵な先輩だから、髪を切ってもらうのも話をするのもいつも楽しみなんだ。

kay said...

なっきさん

鯖ですか?

「サリュート」って読んじゃうのが普通だろうし、響きもカッコイイ。

wikiによるとロシア語でサリュートはСалютって書くんですね。
ギャル文字みたい( ´艸`)

kay said...

bellevueさん

うん。ありがとう!

長いお付き合いの美容室があるって、いいですよね。

気心も知れて、リラックスして座ってられるでしょう。(あまりイケメンの人が担当だと緊張したりして。。)

bellevue said...

イケメンだったら、私も行きたいかも(笑)

緊張するより、見とれちゃったりして。
ずっと鏡を見ているふりをしながら、美容師の彼を見ているとか・・

いやね~、おばさんぽくて(爆笑)